お墓デザインは和型が一般的となっている

「自分には霊園なんて関係ない。いつか適当に買えばいいや」なんて間違った考え方をしていたりしませんか?
霊園を適当に買ってしまうと維持費や管理に問題が発生してしまうこともあるので注意が必要なのです。 神式の墓石というのは仏式と同じで、角柱型を基本としているものとなります。
台石に乗せることとなる棹石というのは、上に向かって細くなりその上部は角錐型のタイプが一般的となります。現在の和型の墓石というのは、仏教の教義を象徴させている仏舎利塔や五輪塔などといった簡略したタイプが多くあります。
この傾向というのは江戸時代中期以降に、庶民がお墓を建てるようになってきたことから、全国的に広く普及してきた形となります。

 

和型の中でも最も多くなっているのが「和型三段であり、これは日本独特の仏教的墓石となります。
石を二段重ね、その上に棹石を乗せている形となっており、棹石というのは仏教では「仏石」で釈迦を表す聖なる石とされています。



お墓デザインは和型が一般的となっているブログ:18年05月02日

人は赤ちゃんを産むと両親馬鹿になる。
両親馬鹿は両親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母であるなら
我がお子様がどんな身体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母として当たり前の反応なのである。

これが主人になると
両親馬鹿に余計に拍車がかかる。

娘が歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
ムスコがボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

主人は自分で妊娠や出産をしていないために、
嫁が思っている以上に両親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
嫁も主人も両親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

お子様にとっては
両親が両親馬鹿になってくれるからこそ、
お子様は脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えばお子様が一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だからお子様は脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも親父も母も
「お子様が一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
お子様は脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

両親が両親馬鹿になってしまうのは、
お子様が非常に可愛い顔をしているからである。

実はお子様が非常に可愛い時期と、
両親が両親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

お子様が非常に可愛いからこそ
両親の理性のタガが緩んでしまい、
両親はお子様をとことん可愛いがることによって、
お子様は脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。


ホーム サイトマップ