方角はそこまで気にしないで霊園選び

早く霊園を抑えたとしましても、一定の決められた期間に施工を開始しないといけない霊園も多くあります。
また墓石は後で、とにかく外柵だけの施工が決められている霊園もありますので規約をきちんと確認しておきましょう。 霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多く、決められている向きの方角でしか建てられないケースがあります。
このことから民間霊園を選ぶ際には、墓所の問題というのはある意味で社会の問題と考え、方角にそこまで拘らないことも大切です。自宅を建てる時と同じで、お墓を建てる方角というのを気にされている人も多いかと思います。
お墓の方角についてはいろいろな説が言われていますが、どの方角が最も理想的なのかをある程度把握しておきましょう。

 

お墓というのは一般的な考え方として東向きか南向きが良いと言われています。
常識的に考えましてもそんな理論となり、お墓だけに限ったことではなく、霊園選びの段階でも注意をしましょう。

ハワイアンジュエリー
ハワイアンジュエリー
http://www.makana.co.jp/



方角はそこまで気にしないで霊園選びブログ:18年04月17日

疲れたときや思考が滞りがちな時、
みなさんは
腕を上に伸ばして
「うーん!」と
「伸び」をしたりしてませんか?

「伸び」って
結構、気分転換になるんですよね〜

わしたちが無意識のうちに行っている「伸び」ですが、
実は、体の緊張を解き、血流をよくしてリラックスできる、
とても効果的な動作なんですよね。

体のいろいろな部位を伸ばす
「ストレッチ」は、「柔軟体操」とも呼ばれ、
トレーニング前の準備体操やトレーニング後のクールダウンだけでなく、
健康増進を目的としても行われています。

年齢を重ねるごとに、体は固くなっていくもの。

なので
毎日意識して、
日頃あまり動かさないところも伸ばしてみましょう。

体を伸ばすと柔軟性が高まるのはもちろん、
血液やリンパ液の流れがよくなり、脳や神経を活性化し、
おまけに筋肉を鍛えることにもなります。

つまり、体を伸ばし柔らかく保つことは、
老化を防ぐことにもつながるのです。

現代の生活では、
テレビの凝視、パソコンや携帯電話の操作、車の運転など、
同じ姿勢でいる時間が長く、
体のいろいろな部分にコリが溜まりがちです。

大きな筋や関節をはじめ、
指や足など体の先端に至るまで、
無理なくこまめに「伸び」をさせ、柔らかく保ちたいものです。

ちょっとしたすきま時間を利用して、
歯磨きや手洗いと同じように、習慣づけられると良いですね。

休日には家の中に引きこもっていないで
外に出かけて、
緑の中で気持ちよく「伸び」をすると、
体だけでなく、心まで柔らかくなれそうですよね。

さあご飯食べよ〜っと。

ホーム サイトマップ