永代供養の年数には注意

現在最も人気のある霊園のタイプですが、開放感のある芝生が広がる霊園であり、全国に広がっています。
一般的な霊園とは大きく異なっており、圧迫感がありませんのでお墓参りに行くのも楽しみになるかもしれませんね。 霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読んで、見落としが無いようにしっかりとチェックをしましょう。
契約内容に関しましてもいろいろとあり「10年で更新」「33回忌まで」「50年で更新」などがありますので確認します。現代における家族の多様化、また墓守や承継者がいないなどの諸般の事由を持っている人が多くいます。
そんな人は永代供養墓、納骨堂、合祀墓などといったものを選ばれる傾向にあります。

 

霊園を選ぶ際に特に注意しなければいけないのが、供養の期限ということを覚えておきましょう。
永代とはなっていますが寺院や霊園によって供養をする期限が定められており、気付かない間に合祀され改装が出来ない状態となることもあるようです。



永代供養の年数には注意ブログ:17年10月12日

ダイエットで大切なことは
「24時間三食食べる」ということなんですよね。

そんな当たり前のことが、
何でダイエットの役に立つの?と
疑問に思われるかもしれませんが…

太った人の特徴として、
「ほとんど無意識のうちに何かを食べていることが多い」んですよね!

例えば…
テーブルの上にあるおやつやフルーツなどに、
腹が減っているわけではないのに、
何となく手を伸ばしてみたり、
テレビを見ながら何かを食べていたり、
昼の残り物を「もったいない」などと言いながら、
何のためらいもなく、時間差で食べてみたり…
こんな傾向、あなたにはないでしょうか?

もっと極端な人になると、
冷蔵庫の前を通るたびに、扉を開けて何かをつまんでみたり、
職場のデスクの上や引き出しにおやつを常備して、
思いついては食べてみたり…

結局、彼らはほとんど無意識のうちに
24時間5回6回と、食べ物を口に運んでいることになります。

つまり、
「24時間三食食べる」ということは、正確には
「24時間三食しか食べない」ということで、
とにかく24時間に食べる食事の回数をキチンと決めて、
まずは「それを守ることから始めないと…!」という意味なんです。

また、
どうしても甘いものやおやつが止められない人は、
その三食の内で食べれば良いので、
おやつなどを一切禁止!という意味ではありません。

古典的なダイエット法の一つに、
食事の前に「水」を飲むという方法がありますが…

「水」に、ダイエット効果があるわけではなく、
「食事の前に水=水を飲まずに食べない」というルールを作ることで、
日頃あまり意識されない食事が無意識に減ったり、
食事の全体像が本人に分かりやすくなり、コントロールしやすくなった結果、
ダイエットにつながるんですよね!


ホーム サイトマップ