方角はそこまで気にしないで霊園選び

方角はそこまで気にしないで霊園選び


方角はそこまで気にしないで霊園選び
早く霊園を抑えたとしましても、一定の決められた期間に施工を開始しないといけない霊園も多くあります。
また墓石は後で、とにかく外柵だけの施工が決められている霊園もありますので規約をきちんと確認しておきましょう。 霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多く、決められている向きの方角でしか建てられないケースがあります。
このことから民間霊園を選ぶ際には、墓所の問題というのはある意味で社会の問題と考え、方角にそこまで拘らないことも大切です。自宅を建てる時と同じで、お墓を建てる方角というのを気にされている人も多いかと思います。
お墓の方角についてはいろいろな説が言われていますが、どの方角が最も理想的なのかをある程度把握しておきましょう。

お墓というのは一般的な考え方として東向きか南向きが良いと言われています。
常識的に考えましてもそんな理論となり、お墓だけに限ったことではなく、霊園選びの段階でも注意をしましょう。




方角はそこまで気にしないで霊園選びブログ:19年02月13日

「晩遅い時間にたくさん食べると太る」というのは、
ダイエットを意識したことがある人なら
ほとんどが知っているはずですよね。

「遅くとも晩9時までには夕食を終える」
「寝る前の3~4時間は食べない」
というダイエットの鉄則には、きちんとした根拠があります。

まず、BMAL1がそのカギを握っています。

BMAL1はたんぱく質の一種で、
体の中で脂肪を作って貯めこむための酵素を増やしたり、
脂肪を分解する酵素を減らすよう働きかけるのだそうです。

これは現在ほど食べるものが豊かではなかった時代に、
寝ている間に体に脂肪を貯め、
昼間にエネルギーとして活用するための合理的なシステムです。

BMAL1は、午後10時ごろから午前2時ごろに最も多くなり、
そして午後3時ごろには最も少なくなるそうです。

ただし、これは大体の晩12時ごろに寝る人の場合で、
体内時計によって時間のずれが出てきます。

また、
おれたちの体には自律神経とよばれる、
自分の意思とは無関係に、体の機能を調整する神経があります。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、
昼間に交感神経が優位に、晩は副交感神経が優位に働きます。

大部分の人は
昼間に仕事や学業などで活動し、晩に睡眠をとりますよね。

副交感神経が優位になると消化器官の機能が活発化し、
エネルギーの吸収が高くなります。
そして栄養を取り込んで、体の修復をおこなおうとします。

さらに休息をつかさどる働きをしますので、
使うエネルギーを節約した状態になります。

そういった状態でたくさんのご飯をとれば、
カロリーオーバーになりやすくなるのです。

方角はそこまで気にしないで霊園選び

方角はそこまで気にしないで霊園選び

★メニュー

お墓の支払いが遅れてしまうと撤去の可能性もある
墓石代について予め把握しておく
お墓デザインは和型が一般的となっている
外国産の石を使ったお墓が多くなっています
霊園を選ぶ時には立地条件が重要
霊園を買う以前に確認をするべきこと
霊園の中で地方自治体が管理しているタイプ
霊園の永代使用料相場を知る
永代供養の年数には注意
方角はそこまで気にしないで霊園選び


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)霊園探しに役立つ情報ステーション